フィンランドにあるムーミンワールド(ムーミンランド)が日本に進出!


フィンランドにあるムーミンワールド(ムーミンランド)が日本に進出することが決定しました。

2017年、埼玉県飯能市の宮沢湖周辺にオープン予定です。

また、パークの名前が「Metsa」となることも決定しました。ムーミンファンにとってはとても楽しみなニュースですね!

まだ「Metsa」の全貌は明らかになってはいませんがフィンランドにあるムーミンワールド(ムーミンランド)のような感じになるのではないでしょうか?

しかし、フィンランドのムーミンワールド(ムーミンランド)ような感じと言われてもわからない人が多いと思います。

そこで今回は皆さんにフィンランドにあるムーミンワールド(ムーミンランド)の様々な建物やキャラクターを紹介したいと思います!

【開業日について(追記日:2018年4月27日)】

 

「メッツァビレッジ」の開業が2018年11月9日(金)に決定しました。

 

【開業日について(追記日:2018年8月10日)】

 

「ムーミンバレーパーク 」の開業が2019年3月16日(土)に決定しました。

Sponsored Link

フィンランドのムーミンワールド

3918da42afea7d68b6e9402c7bf6bf29

フィンランドにあるムーミンワールドは1992年にオープンしました。

ムーミンワールドは古都トゥルクから西に約13km離れた位置になるナーンタリの無人島にあります。

島全体がムーミンワールドとなっています。

ムーミンワールドには開園期間があり、毎年6月の第2土曜から8月の第4日曜までとサマーシーズン限定のようです。

※2016年は6月11日~8月28日

開園時間は10時から18時。

オープン期間があるということでこの時期は世界中からムーミンファンや家族連れが集まるそうです。

入場料は26ユーロ(日本円で約3,200円)となっています。

ムーミンワールドはサマーシーズン限定ですが、冬のある期間に”ウィンターマジック”と称してムーミン達が冬眠から目覚めて限定的にオープンします。

[ウィンターマジックの開園期間]

2月20日~2月28日

日本にできるムーミンランドメッツァのチケット料金や営業時間はどのくらいなのでしょうか?

ムーミンワールドの入り口

IMG_2840-624x467-2出典:HYGGELIG NEWS

ムーミンワールドの入り口にはアーチがかかっており、そのアーチをくぐり、その先にある海の上にかかる橋を渡るとムーミンワールドです。

DSCF1339出典:TRIP’S

橋を渡っているときは一面の海を堪能できると同時にムーミン達に会えるワクワク感が湧いてくることでしょう。

DSCF1421-e1435893753250出典:TRIP’S

橋を渡りきると見えてくるのがとんがり帽子の屋根をした建物です。

この建物はチケット売り場となっています。

ここで、チケットを購入し、いざムーミンの世界に突入です!

早速、ムーミンワールドの園内の様子を一つ一つみていきましょう!

ちなみに、ムーミンランドメッツァの入り口にはムーミンやムーミンキャラクターのシルエットを形どったオブジェができるとのこと。

様々な建物

ムーミンランドには様々な建物が点在しています。

ムーミンの家

imgda2bc292zik9zj出典:Girls Channel

青い壁に赤い屋根と特徴のある家がムーミンの家です。

ムーミンの家には入ることができ、ムーミンの部屋からは外の景色を眺めることができます。

 

Moomin table with . . . cake, of course出典:世界の絶景・名所

外見のみならず、中も忠実に再現されています。

キッチンやリビング、寝室や書斎等がとてもリアルに作られていて、実際に人が住んでいるのではないかと感じさせられます。

 

DSC04427-467x624出典:HYGGELIG NEWS

若かりし頃のムーミンパパとムーミンママの結婚式の写真が飾ってあります。

なんとも可愛らしい写真ですね!

ヘムレンさんの家

src_10177846出典:4travel.jp

ヘムレンさんの家は黄色い壁と側面が膨らんでいる特徴的な家です。

屋根に生えている草は本物だというのだから驚き!

ムーミンランドメッツァではヘムレンさんと出会うことができるんです♪

スナフキンの家

DSCF1404-e1435894166393出典:TRIP’S

キャンプファイアーのそばに張ったテントがスナフキンの家です。

ここでは、ギターを持ったスナフキンがお話を聞かせてくれるそうです。

エンマの劇場

moomin83出典:ようこそムーミン谷へ

原作でムーミン家族が劇を演じたエンマの劇場が忠実に再現されています。

3つの演目が1時間おきに上映されているようです。

フィンランドオンリーの劇だそうですが、ムーミン達によるとても楽しい劇になっているみたいです。

ムーミン郵便局

lrg_11292242出典:4travel.jp

ムーミン郵便局ではムーミン達の描かれた切手を買うことができます。

また、ここから手紙を出すこともできるそうです。

手紙を出す時には可愛らしいムーミンの消印が押されるとのこと!

ムーミンワールドに行った際にはムーミン郵便局からお友達や家族に手紙を出してみてはどうでしょうか?

「Mama’s kitchen」

MG_4801-500x333出典:Moomin Mania

「Mama’s kitchen」はお食事処となっています。

バイキング方式のレストランなので、歩いてお腹が減った方にはぴったりの場所です!

Sponsored Link

ムーミンショップ

moomin97 出典:ようこそムーミン谷へ

ムーミン関連のグッズが販売されています。

ぬいぐるみや雑貨、食品等数多くの商品が置いてあります。

ムーミンショップは友達や家族にお土産を買うのにぴったりの場所となっています。

買いたいものが多くてお金がいくらあっても足りないかもしれません笑

様々なキャラクター

ムーミンワールドでは様々なキャラクターと触れ合うことができます。

ムーミントロール

muumin42出典:北欧旅行専門セレクション

ムーミンといったらこのキャラクター!ムーミントロールです。

ムーミントロールが入り口で出迎えてくれます。

ムーミンパパとムーミンママ

6233878 出典:panoramio.com

ムーミントロールのパパとママです。

ムーミンママは赤と白のエプロンの縞のエプロンをつけ、黒のハンドバッグを持っているのが特徴。ムーミンパパはシルクハットをかぶり、杖を待っているのが特徴。

ムーミンワールド内をいつも仲良く二人で歩いているそうです。

ミィ

20150519_959696出典:blog.tyyni.jp

赤い服と玉ねぎのような髪型が特徴な女の子。

着ぐるみが多いなか、リアルな人間です。

ミィはとても小さい女の子ですが、現実では結構大きいみたいですね…笑

スナフキン

IMG_2887-624x467-2出典:HYGGELIG

自由と孤独を愛する旅人です。

スナフキンもミイと同じく人間です。

出会ったらハーモニカで一曲吹いてくれるかも。

ムーミンランドメッツァではスナフキンと触れ合えることはできるんですかね?

スティンキー

moomin26出典:ようこそムーミン谷へ

ムーミンワールド内のレアキャラです。

出会ったら幸運が訪れるかも!

ニョロニョロ

DSCF1377-e1435893853766出典:TRIP’S

ひょろっとした体に手がついた不思議な生き物です。

なんかよく見たらお化けみたいですね笑

不思議でお化けみたいなにょろにょろの生態を映像と光で楽しむことができる施設がムーミンランドメッツァにできるんです♪

最後に

今回はフィンランドにあるムーミンワールドの様々な建物やキャラクターについて紹介させていただきました。

ムーミンワールドではムーミンの住む森を感じれるとともに多くのキャラクター触れ合うことができます。

2017年、埼玉県飯能市宮沢湖周辺にオープンする「Metsa」の全貌は明らかにはなってはいないですが、ムーミンワールドと同じようにムーミンの住む森を感じたり、ムーミンのキャラクター達と触れ合うことができるのではないでしょうか。

そうなれば、今まではフィンランドに行かなくてはいけなかったのが日本で体験できるわけですからとても嬉しいことですよね!

まだ、オープンまで1年ほどありますが今からワクワクが止まらないですね!

新たな情報が分かり次第、随時情報を公開していきたいと思います!

【ムーミンランドメッツァについて(追記日:2016年12月7日)】

 

ムーミンランドMetsa(メッツァ)は2017年にオープンとされていましたが、延期になり2018年秋に「メッツァビレッジ」2019年春に「ムーミンバレーパーク」がオープンします。

 

2017年にオープンすると思っていた方にとっては非常に残念なニュースかもしれないですが、2018年と2019年に確実にオープンするので、楽しみにしてましょう!

 

メッツァビレッジやムーミンバレーパークの新情報についてはこちらに詳しく書いてあります。

Sponsored Link
最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらの記事はいかがでしたか?
「役に立った!」「面白かった!」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてください!
Facebookの「いいね」やTwitterの「フォロー」をして頂くと次回以降の新着記事がすぐにわかります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です