メッツァビレッジプレオープンレポート!北欧を感じられる最高の場所♪【2018年11月6日】


2018年11月9日(金)にオープンする「メッツァビレッジ」

オープン前ではありますが、11月6日(火)にプレオープンで入場し一足先にメッツァビレッジを楽しんできました♪

この記事ではメッツァビレッジのプレオープンに行ってきた感想をまとめましたので、「メッツァビレッジに行きたくなった!」「メッツァビレッジ楽しそう!」と少しでも思っていただけたら幸いです。

※行った日が雨だったので、多少写真が暗くて見づらい部分があると思いますがご了承ください(泣)

Sponsored Link

飯能駅北口〜メッツァビレッジ

池袋駅から西武池袋線急行に乗り、飯能駅には9時50分ごろ到着。

平日ということもあってか、飯能駅のホームは閑散としていました・・・。

今は閑散としていますが、オープン後は盛り上がるでしょう!!また、2019年3月にオープンするムーミンバレーパークに合わせて飯能駅が北欧風にリニューアルされることが決定しました!

北欧風になったら、駅に降りた瞬間からワクワクドキドキでしょうね♪

改札を出て、飯能駅北口に出ると「メッツァビレッジ プレオープン 臨時バス」と書かれたボードを持っていたお姉さんを発見。お姉さんにバスの時間を聞くと10時にくると言われ、しばらく待っていると「メッツァビレッジ プレオープン 臨時バス」が到着しました。

最初運賃払うのかぁ〜と思ったのですが、臨時バスということでなんと無料!オープンしても無料がいいのになぁ〜と思った今日この頃です(笑)

バスに乗車して、すぐに発車。乗客は20人ぐらいで、カップル、スーツを着た方、年配の方さまざまでした。メッツァビレッジって幅広い年齢層の方に人気があるんだと思いましたね。

メッツァビレッジがオープンしたら、飯能駅北口と東飯能駅東口から直通バスが運行されます。

メッツァビレッジ バス停

バスに乗って、約10分ぐらいでメッツァビレッジのバス停に到着。

今回停車したのは1番の

バスから降り、そのままメッツァビレッジの入場ゲートに向かったのですが、係員の人に「入場は11時から」と言われすぐには入れませんでした。時計を確認すると10時20分だったので近くにある待機所で待つことに。

待機所はバス降りてすぐのところにあるのですが、椅子が50個以上もあり、自動販売機も置いてあるので待機するのにはぴったりの場所です♪

いざ、メッツァビレッジに入場!

開園時間の11時となり、いざメッツァビレッジに入場です!

門を通り・・・

「メッツァ通り」を下っていくと、メッツァビレッジに到着です!「この先にはどんな景色が広がっているんだろう」とワクワクドキドキな下っていくと・・・

見えてきたのは「market holl(マーケットホール)

メッツァビレッジ マーケットホール 1F

マーケットホール1Fの扉開けてすぐ左には武蔵利休。日本三大銘茶の1つである狭山茶を使った贅沢抹茶スイーツを味わうことができます♪

今まで食べてきた抹茶の中でも一番濃いんじゃないか?と思うくらい濃厚でした!単品のソフトクリームだけでなく、白玉やあんこが乗っかったものやシェイクなどもあるので子供からお年寄りまで幅広い年齢層に人気のお店です。

武蔵利休の向かい側にはメッツァビレッジオフィシャルのカフェである「メッツァカフェ」が。

メッツァカフェではコーヒーや紅茶などといったドリンクはもちろん、ホッドドッグやケーキも味わうことができます。また、メッツァカフェではグッズの販売も行っているので、カフェでゆっくりした後にグッズを見る。最高の流れではないでしょうか。

グッズの品揃えは豊富でグッズだけを見にきたという人も多数いました。これからのクリスマスシーズンに向けて役立ちそうなアイテムがたくさんあったので、注目です!

メッツァカフェの隣には女性が大好きなスムージ専門店「biokia(ビオキア)」緑色でbiokiaと書かれた看板が特徴的でした。

ビオキアでは・・・

  1. ビルベリー
  2. リンゴンベリー
  3. グランベリー
  4. シーバックソーン

4つの味のスムージー味わうことができます。※味は変わる可能性があるので注意してください。

プレオープンということもあって、ビルベリーとリンゴンベリーしか販売されていませんでした。どっちにしようかなと迷いましたが、食べたことのないビルベリー味を注文。

酸っぱさより甘さが際立っていたので、酸っぱいのが苦手な私でも安心して飲むことができました!

「酸っぱいのが好き!」という方は、リンゴンベリーやグランベリーがオススメです♪

biokiaの前、メッツァホール1F中央部分にはMoi Saitamaが!

Moi Saitamaは食のセレクトショップでお菓子や飲みものから埼玉県産の惣菜、お菓子、お酒などを多数取り扱っていました。陶器やキーホルダーなども売っているのでお土産選びにもぴったりのお店です♪

名産物コーナーや食のイベントを定期的に開催しているので、ぜひ足を運んでみてください!

Moi Saitamaの横ではVEGE TOWERがあり、飯能で取れた新鮮野菜を多く販売していました。しかも、どの野菜もリーズナブルな価格なので、主婦やお年寄りの方がカゴいっぱいに入れて買っていました♪

VEGE TOWERということで野菜がタワーに!インスタ映えスポットなので、撮るのをお忘れなく(笑)

マーケットホール1Fの最奥部にはソーセージやハムのいい香りを漂わせてているサイボクが!フランクフルトやハムの他にも豚テキやベーコンステーキ、豚まんなどがあり、目の前で焼いてくれます♪

サイボクの商品を生ビールと一緒に味わったら、最高な気分になること間違い無いですね!!私は最高な気分を一味先に味わってきちゃいました♪

このビールは後ほど紹介しますが、UTEPILSという野外販売所で購入しました!サイボクでもビールは販売していますので、わざわざ外まで買いに行く心配はありません!

マーケットホール1Fには他にもライフスタイルグッズを取り扱う「LAAVU」や北欧のチョコレートを取り扱う「Chocolat Finlamd」などがあります。ですが、今回行った時にはまだ空いてなかったので、オープンしたら行ってみようと思います!

 

マーケットホール 1Fにある店舗を全て見終わったので、次は2Fへ!

Sponsored Link

メッツァビレッジ マーケットホール 2F

マーケットホール2Fへ上がるとまず見えてきたのは、たくさんの北欧グッズ。

マーケットホール2Fにある「北欧雑貨」では日常生活で使える雑貨や部屋のインテリアに最適な家具などを多数揃えています!

「マリメッコ」スペースにメッツァ限定品の紙袋が3種類ありました。どれもみな可愛らしいデザインなので、プレゼントを入れる袋として使うのに最適ですね♪

他にも色鮮やかなデザインの食器やクッション、バッグなど日常生活で使える商品がたくさんありました♪

マリメッコスペースから移動すると、可愛い人形たちに遭遇!

ノルディックギフトやノルディカギフトの木製人形はとても可愛く、家に飾るのもよし、プレゼントであげるのもよしの商品です♪ 私は、ノルディカニッセの「イノシシを抱えたサンタ」が欲しいなと思っていたのですが、残念ながら売り切れていました・・・。

赤いサンタだけでなく、青いサンタも発見!赤と青、ペアで置いたら可愛いと思います♪

サンタの中には数量限定品も!結構、いいお値段・・・(笑)

「ソピバ・ホクオウ」のスペースではフィンランドやスウェーデンなどの輸入雑貨を取り扱っています。ソピバはフィンランド語で「ちょうどいい」という意味なのですが、お皿やプレート、スプーン、フォークなどまさにちょうどいいと呼べる商品がたくさんありました。

「ソピバ・ホクオウ」のスペースから離れ、いろいろ見ていると・・・

pippiグッズやタオル類、マグネット、ニット帽、ペーパークラフトなど様々な商品を発見!

pippiというキャラクターは私自身、知らなかったのですが北欧雑貨で見つけた時は思わず「可愛い♪」と声に出しちゃいました(笑)

像のイラストが描かれたタオルを発見!肌触りがよく、日常生活で役に立つと思います♪

マグネットはトナカイやサンタ、猫などさまざま!冷蔵庫に貼ったりすると可愛いのではないでしょうか♪

出前のチラシとかをマグネットで冷蔵庫に貼っておけば無くす心配はありません(笑)

これからの寒い季節に役立つニット帽がありました。フィンランドのおばあちゃん職人が手作りで作っているそうです。おばあちゃんの温もりも合い重なって、より暖かくなっていることでしょう。

「北欧雑貨」スペースの正面には「モダンなライフスタイル」に合うバッグを多数揃えている「GOLLA」が!女性の店員さんが大きい声で「いらっしゃいませ」と言っていたのを聞いて、気分が良くなりましたね♪

「GOLLA」は2018年12月30日までの限定オープンなので、行きたいと思っている方はお早めに!!

マーケットホール2Fには他に「TRE」というセレクトショップがあります。しかし、オープン前だったので開いていませんでした。オープンしたら、ぜひ言ってみたいと思います♪

マーケットホールの店舗は全部見たので、次は隣にあるヴァイキングホールへ!

Sponsored Link

メッツァビレッジ ヴァイキングホール 1F

ヴァイキングホールは2階建てで、多くの飲食店を完備している施設です。ヴァイキングホールという名前は北欧の海賊ヴァイキングから由来されているとのことですから、かっこいいですよね〜

ヴァイキングホールを外観から見てみると、すごく立派な建物だというのがわかりますね♪

外にはテラスがあり、天気のいい日は宮沢湖を眺めながらゆっくりすることができます!今回はあいにくの雨だったので、次回リベンジしたいと思います(笑)

外観の鑑賞を終え、いざヴァイキングホールの中へ!

入り口には案内板があり、お店の名前が書かれていました。現在は6店舗でしたが、今後も増えていくのでしょうか?楽しみです♪

ヴァイキングホールの入り口を入って、真正面にあるのが「ロバーツコーヒー」

「ロバーツコーヒー」ではリビングルームにいるようなくつろぎで過ごせます♪ 歩き疲れて休むのにはぴったりの場所だと思いました!晴れの日に外のテラス席で宮沢湖を眺めながらコーヒーを飲んだら最高でしょう♪

「ロバーツコーヒー」の前にはらーめん「AFURI」がありました。「AFURI」を見て驚いたのは、混雑具合。他のお店はプレオープンで人が少ないこともあって、混んでいなかったのですが「AFURI」だけ大行列でした。

「オープンしたらどのくらい並ぶんだろう・・・。」というのが正直な思いでした(笑) 「AFURI」でらーめんを食べようと考えている人は着いてすぐに行くか、お昼が終わったぐらいに行くことをオススメします。

「ロバーツコーヒー」の奥にはソフトクリームを取り扱う「ONE MORE BITE」が!

「ONE MORE BITE」では多くの受賞歴のある吉井牧場の夢ミルクを使用したソフトクリームを味わうことできます!シンプルなソフトクリームも絶品ですが、焼き菓子を乗せたりするとさらに美味しくなりますよ♪

ヴァイキングホール1Fには他にもパスタ&オムライスの「農家が作る tomateria GOTO」やハンバーグ専門店「ハンバーグの時間」があります。プレオープンでまだ開いてなかったので、オープンしたら行きたいと思います♪

1Fは全て見終わったので、次は2階に!

メッツァビレッジ ヴァイキングホール 2F

ヴァイキングホール2Fにはスモーブローレストラン「LAGOM」があります。テーブル席、カウンター席などが多数あり、一人でも複数人でもリラックスできそうな空間でした。

「LAGOM」入り口の前には、座りごごちの良さそうな椅子が4つ。

ヴァイキングホールを一通り、見回ったので一旦外に。ヴァイキングホールの前から見た宮沢湖の景色は最高でした。これが、晴れだったらどれだけ良かったことか・・・(泣)

しばらく、宮沢湖を眺めたあとヴァイキングホールの先にある野外レストランへ。

メッツァビレッジ 野外レストラン

野外レストランではクラフトビールとグリルを味わうことができます!近くにはテーブルや椅子があるので、そこで飲食ができます♪

この日はプレオープンということもあって、開いていないお店が多かったですね。

そんな中、クラフトビールを販売しているお店はオープンしていたので、購入することに。8種類のビールを取り扱っていたのですが、どれを頼めばいいのかわからなかったので店員のお姉さんに聞くことに。

すると、オススメは柚子入りのビールとのことだったので注文しました。

柚子入りのビールは人生初だったのですが、柚子の酸味がビールを引き立ていて、飲みやすかったです♪ これからも通い続けて、クラフトビールを制覇したいなと思います!

宮沢湖を背景にパシャり♪

雨だったので、すぐ室内に行きましたが天気のいい日は屋外に置いてある椅子や大きなテントでのんびりすると最高だと思います♪ ピクニックシートも貸してくれるので、芝生に寝っ転がりながらお昼寝とかもいいかもしれないですね!

インスタ映えらしきスポットも発見(笑)夜になったら、光るのでしょうか?

一通り見終わったあとは、反対側にあるエリアへ!

メッツァビレッジ ピーアパートメント

反対側まで、歩いていくと見えてきたのがピーアパートメント。青い壁で5つの屋根がある立派な建物でした。この日はプレオープンということもあってまだ、開いていませんでした。

ピーアパートメントでは作り手の思いが詰まったグッズが販売されます。どんな商品があるのか楽しみです♪

ピーアパートメントの前には芝生一面のイベント広場「ノルディックスクエア」が。

Sponsored Link

メッツァビレッジ ノルディックスクエア

ノルディックスクエアでは、季節ごとや地域と連携したイベントが開催されます。晴れの日に芝生に寝っ転がったら気持ちよさようですね!木の椅子がいくつも置いてありました。

近くには木の形をかたどったオブジェが。インスタ映えポイントですので、メッツァビレッジに来た際はお見逃しなく!!

クリスマスを先取りして、立派なクリスマスツリーが設置されていました。待っていたら、サンタさん来ますかね・・・(笑)

ピーアパートメントを後にし、向かったのはメッツァホール。

メッツァビレッジ メッツァホール

メッツァホールでは北欧グッズが多数、取り揃えていました。「北欧雑貨」にはなかった、ノルディカニッセの「イノシシを抱えたサンタ」を発見!他の人に買われないようにすぐさま手に取りました。

デザインが可愛らしい、お皿を発見!小さなお子さんにぴったりの商品です♪

木で作られた、なべ敷きやスプーンも!北欧の木で作られているのでしょうか?

細かい部分まで緻密に作られている置物やポスターもありました。インテリアとして部屋に飾ったりしたら、オシャレになりそうですね♪

メリーゴーランドのような可愛いキャンドルがあったので、即買いしちゃいました(笑)

メッツァホールを後にし、隣にあるワークショップへ!

メッツァビレッジ クラフトビブリオテック

クラフトビブリオテックでは毎日、様々なワークショップが行われます。この日は「ダーラストラ製作」が行われていました!お子さんや恋人と一緒に体験したら楽しいこと間違いなしです♪

メッツァビレッジで開催されるワークショップについてはこちらの記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

機会があれば、ぜひワークショップに参加したいなと思いました!

ワークショップのあとはゾウベルクへ。

メッツァビレッジ ゾウベルク

ゾウベルクはカヌー工房。カヌーを作る工程を見れたり、バードコールやククサの製作体験ができます。

ククサとは北欧ラップサンド地方に住む遊牧民族のサーメ人から伝わる伝統的な木製マグカップのこと。実際に手にとってみると温もりを感じることができ、これでスープ飲んだら美味しそうだなぁ〜と思いました(笑)

ククサを贈られた人は幸せになると言われている幸運のシンボルなので、大切な人に送ってみてはいかがでしょうか?

入り口付近にはカヌーも!

ゾウベルクを出て、奥に進むとカヌーの受付場が。メッツァビレッジでは実際にカヌーに乗って、宮沢湖の上を水上散歩できるんです♪

中学生以上 2,000円、小学生 1,000円、小学生未満 500円になります。※1時間あたり

お子さんや恋人と一緒にカヌーに乗ったら、楽しいでしょう♪

カヌー受付場の隣には桟橋がありました。

桟橋から宮沢湖を一望できます♪ 桟橋の先にはムーミンバレーパークにできる灯台が!ムーミンバレーパークのオープン日が待ち遠しい〜

メッツァビレッジの再奥部まで行くと、「この先工事中につき立ち入りをご遠慮願います」との張り紙が。この先はムーミンバレーパークエリアになります。

オープン日が2019年3月16日(土)なので、入れるのはそれ以降です。また、ムーミンバレーパークは有料のエリアなので、入るのにお金がかかります。

メッツァビレッジは入場無料なので、安心してくださいね♪

張り紙の前には従業員の方が立っていたのですが、その方に対しお年寄りの方が「ムーミンバレーパークの入場料っていくらなの?」と聞いていました。

「おっ、有力な情報が聞ける!」と思いましたが、「企業秘密ですのでお答えできません」とのこと。まだ、公式サイトにも出ていないですから、当然ですよね・・・。

ムーミンバレーパークの入場料について個人的に予想している記事があるので、ぜひご覧ください♪

メッツァビレッジのゴミ箱が可愛い!

メッツァビレッジのゴミ箱はカラフルですごく可愛かったです。描かれている絵から想像すると・・・

黄色:もえるごみ

緑:もえないごみ

水色:ペットボトル

黄緑:缶・ビン

だと思われます。間違っていたらすいません(笑) こういう小さな部分でもしっかりと考えて作っているんだなぁ〜と感動しちゃいました!

メッツァビレッジ プレオープンに行ってみて

メッツァビレッジのプレオープンに行ってみて、本当に楽しかったですし、感動しました。

  1. 自然が豊かでリフレッシュできる
  2. 食べ物・飲み物が美味しい
  3. ショップがたくさんあり、普段買えないものが買える
  4. ワークショップで貴重な体験ができる
  5. 子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方が楽しめる

などメッツァビレッジの素晴らしさを直に感じることができました。

メッツァビレッジではムーミン関連というよりかは、北欧関連のものがほとんどなので「ムーミンのことあまり知らない」という方でも十分に楽しむことができます!!

行ったら、絶対感動しまうので、ぜひ一度はメッツァビレッジに足を運んで欲しいなと思います♪

Sponsored Link
最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらの記事はいかがでしたか?
「役に立った!」「面白かった!」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてください!
Facebookの「いいね」やTwitterの「フォロー」をして頂くと次回以降の新着記事がすぐにわかります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です