【保存版】ムーミンバレーパークパートナーホテル徹底比較


2019年3月16日(土)埼玉県飯能市に日本初となるムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」がオープンします。

オープンするにあたり、ムーミンバレーパークオフィシホテル&パートナーホテルの存在が明らかになりました。オフィシャルホテルやパートナーホテルに泊まると、ムーミンバレーパークに関する特典がもらえるのでとてもお得なんです♪

ただ、ムーミンバレーパークオフィシャルホテル&パートナーホテルはいくつもあるので、選ぶ際にとても悩むことでしょう。

そこで、この記事では全てのムーミンバレーパークパートナーホテルを比較し、どのホテルが一番おすすめなのかをお伝えしていきたいと思います!ムーミンバレーパークに泊まりがけで行こうと考えている方は必見です!

オフィシャルホテルの徹底比較についてはこちらの記事に詳しく書いてありますので、ぜひご覧ください♪

<たった5分でメッツァビレッジのことが丸わかり!>
5分でわかる!メッツァビレッジのテナント・入場料・アクセスなどまとめ

<たった5分でムーミンバレーパークのことが丸わかり!>
5分でわかる!ムーミンバレーパークのアトラクション・ホテル・営業時間などまとめ

Sponsored Link

ムーミンバレーパークパートナーホテルとは?

ムーミンバレーパークパートナーホテルとは、ムーミンバレーパーク公認の提携ホテルのことを指します。

パートナーホテルは以下の2つ。

1.休暇村奥武蔵

2.ナチュラルファームシティ農園ホテル

今後増える可能性がありますが、現在のところパートナーホテルは2つしかありません。

「休暇村奥武蔵」は埼玉県飯能市、「ナチュラルファームシティ農園ホテル」は埼玉県秩父市と全てパートナーホテルがムーミンバレーパークのある埼玉県飯能市にあるわけではないので注意してください。

ムーミンバレーパークパートナーホテルに泊まると以下のような特典があります。

<パートナーホテル特典>

 

特典1:入場制限がかかっても入園することができる。

特典2:ここでしかもらえないムーミンバレーパークからの贈り物がもらえる。

ムーミンバレーパークからの贈り物は以下の3です。

①巾着バッグ

写真はわかり次第、追加いたします。

②ミニタオル

写真はわかり次第、追加いたします。

③ムーミンバレーパーク入園券

写真はわかり次第、追加いたします。

このように豪華な贈り物がもらえるので、泊まりがけで行く場合はムーミンバレーパークパートナーホテルに泊まったほうが絶対お得です♪

記事の冒頭でオフィシャルホテルも存在するとお伝えしました。

パートナーホテルとオフィシャルホテル・・・。何が違うのか気になる方もいるのではないでしょうか?違いについてはこちらの記事に詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

Sponsored Link

ムーミンバレーパークパートナーホテル徹底比較!

二つあるパートナーホテル。どちらが良いのか悩みますよね、、?

そこで、ムーミンバレーパークまでの距離、宿泊料金などの情報を比較し、一番オススメなパートナーホテルを導き出したいと思います!

ムーミンバレーパークオフィシャルホテルの比較はこちらの記事をご覧ください。

徹底比較①:ムーミンバレーパークまでの距離

泊まりがけでムーミンバレーパークに行くわけですから、やはり近い方がいいですよね!

そこで、二つのパートナーホテルとムーミンバレーパークとの距離を調べてみたところ、以下のような結果を得ることができました。

パートナーホテル
【ホテル名】【ムーミンバレーパークまでの距離】
休暇村奥武蔵約19km
ナチュラルファームシティ約37km

「休暇村奥武蔵」のほうがムーミンバレーパークまで近いというのがわかりました。

休暇村奥武蔵の最寄駅である「吾野駅」まで送迎バスが出ているので、アクセスの面は非常に良いと言えます。吾野駅から西武秩父線で飯能駅まで行き、飯能駅からメッツァ直通バスに乗ればすぐにムーミンバレーパークに行くことができます♪

「ムーミンバレーパークに近いパートナーホテルに泊まりたい」

と考えている方は「休暇村奥武蔵」がオススメです!

徹底比較②:ホテルの宿泊料金

泊まるにあたって一番重要視するのはやはり宿泊料金ではないでしょうか?たとえムーミンバレーパークまでの距離が近くても宿泊料金がものすごく高かったら泊まるのをためらってしまいますよね・・・。

そこで、二つのパートナーホテル宿泊料金を調べてみたところ以下のような結果を得ることができました。

パートナーホテル
【ホテル名】【価格帯】
※スタンダードルームの平均価格に基づく
休暇村奥武蔵23,804円-34,686円
ナチュラルファームシティ農園ホテル12,225円-30,224円

最低宿泊料金に注目してみると「ナチュラルファームシティ」12,225円に対し、「休暇村奥武蔵」は約2倍となる23,804円でした。グレードや泊まる時期によって変わるとはいえ、最低宿泊料金が23,804円は少し高いですね、、。

「宿泊料金が高くないパートナーホテルに泊まりたい」

と思っている方は「ナチュラルファームシティ」のほうが安いです!ただ、必ずしも最低料金で泊まれるわけではありませんので注意してください。

Sponsored Link

徹底比較③:ホテル内や部屋の設備

「ホテルにはどういったレストランがあるのか?」「部屋にはWi-Fiが付いているのか?」「売店やコンビニはあるのか?」などホテルや部屋の設備についても宿泊する際に重要視すると思います。

二つのパートナーホテルのホテルや部屋の設備を調べてみたところ、以下のような結果が得られました。

休暇村奥武蔵レストラン:ビュッフェレストラン、食事処
コンビニ・売店:あり
温泉:あり
Wi-Fi:全室完備(無料)
その他設備:キッズコーナー、カラオケルーム、電動麻雀ルーム
ナチュラルファームシティ農園ホテルレストラン:バイキングレストラン、食事処
コンビニ・売店:あり
温泉:あり
Wi-Fi:なし
その他設備:宴会場、ティーラウンジ

「休暇村奥武蔵」のほうが全室無料Wi-Fiが完備されていたり、カラオケルームやキッズルームあるなど設備が充実していることがわかりますね。部屋でパソコン作業やyoutubeを見ようと考えている方にとっては全室無料Wi-Fiが完備されているのはとても助かると思います。

「ナチュラルファームシティ農園ホテル」も設備が充実してないとは言えないのですが、やっぱりWi-Fiが完備されてないのはやっぱりマイナスポイントですね。

「設備がしっかりとしたパートナーホテルに泊まりたい」

と考えている方は

「休暇村奥武蔵」がオススメです!

【結論】一番オススメなムーミンバレーパークパートナーホテルは?

  1. ホテルからムーミンバレーパークまでの距離
  2. ホテルの最低宿泊料金
  3. ホテル内や部屋の設備

3つの項目で比較をし、それぞれのオススメホテルを紹介しましたが全部の項目を踏まえた上で一番オススメなパートナーホテルは「ナチュラルファームシティ」だと思います。

ムーミンバレーパークまでの距離、ホテル内の部屋の設備は「休暇村奥武蔵」より劣っていますが、最低宿泊料金が1万円以上も安いからです。

ムーミンバレーパークに行ったらレストランで食事をしたり、アトラクションに乗ったり、お土産やグッズを購入するなどしてお金を使うでしょう。パートナーホテルに泊まる一番の目的はムーミンバレーパークを楽しむことですので、宿泊料金をなるべく抑えてムーミンバレーパークで使う費用に回す方が健全なのかなと思います。

あくまでも個人的な意見ですので、参考程度にとどめてもらえばと思います。

まとめ

今回は2つあるムーミンバレーパークパートナーホテルを色々な情報をもとに比較し、どちらのホテルがいいのか導き出してみました!

比較材料にしたのは以下の3つ

  1. ホテルからムーミンバレーパークまでの距離
  2. ホテルの最低宿泊料金
  3. ホテルの内や部屋の設備

それぞれ比較したところ・・・

ムーミンバレーパークまでの距離が一番近いオフィシャルホテル→「休暇村奥武蔵」

ホテルの最低宿泊料金が一番安い→「ナチュラルファームシティ」

ホテルの設備が一番良い→「休暇村奥武蔵」

という結果となりました。

全部の項目を踏まえた上で一番オススメなパートナーホテルは「ナチュラルファームシティ」としました。休暇村奥武蔵よりも断然、宿泊料金が安いからです。ムーミンバレーパークまでの距離もさほど変わりませんし。

「ナチュラルファームシティ」に泊まって、思いっきりムーミンバレーパークを楽しんじゃいましょう♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です