ムーミンバレーパークを100倍楽しむために必要な5つのこととは?

【カップル必見】デートにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットBEST5


2019年3月16日に埼玉県飯能市にオープンした日本初となるムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」

ムーミンバレーパークはムーミンを題材にしたテーマパークということで、デートスポットに最適の場所です♪

そこで、この記事では

「【カップル必見】デートにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットBEST5」

と、題しましてデートの際に行ったほうがいいムーミンバレーパーク内のスポットを5つ、ランキング形式で紹介したいと思います!

この記事を読めばムーミンバレーパークでのデートが成功すること間違いなしですよ♪

<たった5分でムーミンバレーパークの全てがわかる!>

5分でわかる!ムーミンバレーパークのアトラクション・ホテル・営業時間などまとめ

Sponsored Link

デートにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第5位:「パンケーキレストラン」

ムーミンバレーパークのエントランスからほど近い場所に店を構えるのが「Lettula(レットゥラ)」、パンケーキ専門のレストランです。

丸くて赤い屋根の大きな建物が目印で、ムーミンバレーパークの自然が一望できるテラス席もたくさん完備されているこのレストランではあらゆる種類のパンケーキを中心とした料理が盛りだくさん。

ベリーやリンゴなど果実をフルに使ったパンケーキは見た目も味も最高の一品ばかり。ボリューム満点の五枚重ねパンケーキを恋人と一緒に切り分けて食べてみてはいかがでしょうか。お互いが急接近して恋の予感もヒートアップするかもしれません。もちろんパンケーキだけではなくサーモングリルやローストポークのスキレット料理などもオススメ。

ランチタイムもディナータイムも安心して食事できる、素敵なレストランです。

ちなみにムーミン谷の物語でもパンケーキはムーミンママの得意料理として登場します。ベリー系を乗せて食べるのもムーミン一家と同様なので、恋人と一緒にまずは食事からムーミン世界を堪能するのも悪くありません。

デートにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第4位:「ムーミン屋敷」

アトラクション料金:1,000円(税込)
※料金は大人・子供一律で3歳以下は無料

 

所要時間:約20分

ムーミンバレーパークのランドマークとも言えるアトラクションがこのムーミン屋敷、「Muumitalo(ムーミタロ)」です。

青く塗り上げられた温かみのある木目の目立つ外壁はカーブした尖塔屋根に至るまでどこから見ても美しい、外観だけでも写真に収めたくなる物語同様の建物です。

細部に至るまでムーミン谷の物語での屋敷風景を忠実に再現しているこの屋敷をガイドさんの案内でゆっくり進みます。小川にかかる小さな橋をスタートに、ひとりしか通れないくらいの小さな玄関を抜けると一階ホール。キッチンや暖炉、らせん状の階段を抜ければそれぞれの寝室がある二階に出られます。まるで家というよりは秘密基地のように組み上がったムーミン屋敷に隠された秘密や発見を恋人と共有してみると面白いかもしれません。

屋敷のなかはどこもかしこもムーミンたちの使っている家具や道具が盛りだくさん。ダイニングキッチンではシンプルながらも機能的に作られた可愛い家具とキッチン用品、そしてムーミンママ愛用のバスケットが可愛いらしく鎮座しています。その横にはレースのかかった丸テーブルに食べかけのパイとコーヒー、クッキーが。誰がどこの席に座っていたのか想像できそう。

赤いソファのある階段の踊り場を抜けて二階に行けば、ムーミントロールやパパ、ママたちの個室が。それぞれのキャラの特徴が存分に引き出されたレイアウトは、恋人と一緒に過ごしたら楽しい部屋を探してみるのも面白そうですね。

食糧庫兼作業場でもある地下室は工作好きなムーミンパパが集めた大小さまざまな作業道具や材料、雑貨がたくさん。ごちゃごちゃしているのにどこか落ち着いてしまう空間は、恋人と一緒にちょっと一息ついて眺めているだけでも楽しそうです。あっと驚く仕掛けが満載のムーミン屋敷、恋人と一緒に手を繋いでいろいろな部屋を見ているうちに住みたくなってしまうかもしれません。

ムーミンの物語ではムーミンパパが設計図をいちから書いて作られたというムーミン屋敷。

ムーミンバレーパークにあるこの屋敷の全体像や細部はムーミン物語の作者トーベ・ヤンソン監修のもと作られたジオラマからムーミン屋敷の全体像が彫り起こされています。フィンランドにあるムーミン美術館に飾られた本格的なジオラマがモデルと思えばこの作り込みの繊細さは納得できます。

Sponsored Link

デートにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第3位:「ムーミン谷の売店」

展示施設コケムスのなかにある、白を基調とした広々としたショップエリア。ここがムーミン谷の売店、「Muumilaakso kauppa (ムーミラークソ カウッパ)」です。

まずは目を引くのが店内入口にしつらえられた巨大なツリー。このショップは全体を森と見立てて作られており、森の合間を縫うようにしてあちこちのディスプレイで商品を手に取るということをコンセプトに作られています。

細かいアイテムの数々をわくわくしながら恋人と一緒に見て回ればいつの間にか子供になったように笑い合えることは間違いなし。

品揃えはムーミンショップでも最大級を誇っており、文房具や食器類、ぬいぐるみや衣料品、古今東西のムーミングッズが販売されています。もちろん恋人たちへのオススメ品、ペアルックアイテムも多種多様。お揃いのムーミングッズで次回のデートもムーミン一色で盛り上がってみてください。

ムーミンバレーパーク限定お土産グッズ総まとめ【2019年】

デートにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第2位:「ワークショップパヤ」

展示施設コケムスのなかにあるのがワークショップ、「Paja(パヤ)」です。

ムーミンをテーマとしたさまざまなモノヅクリ体験ができるこのワークショップは三種類の体験コースを展開しています。

まずはムーミン物語「ムーミンパパ海へ行く」で登場するうみうまにイラストを描くコース。物語でも美しい模様を見せてムーミントロールを魅了したうみうまを、恋人と一緒に悩みながらでも綺麗に彩色してみてください。

お次はムーミンバレーパークのロゴシンボルや20種類ものムーミンキャラクターから選べるバッジ作成コース。気に入ったムーミンキャラを自由にバッジにしたら、恋人とのペアルックのようにして飾ることもできちゃいます。

最後はムーミンバレーパークにしかないオリジナルのジェルネイルを使ったネイルアート。女性だけでなく男性も体験可能なので、恋人と同じネイルでムーミンバレーパークを歩いて回るのも楽しそうです。

Sponsored Link

デートにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第1位:「ムイックフォト」

アトラクション料金:2,000円(税込)

まるでちょっと古びた昔の写真館をそのまま再現したかのようなスタジオがこの「Muikku foto (ムイック フォト)」です。

黄色い特徴的な壁のなかにはアンティーク調のスタジオコーナーが設けられており、壁にはたくさんのムーミンキャラたちのセピア写真が。等身大のムーミンキャラクターと背景が据えられたスタジオではプロのカメラマンさんが常設しており、まさにムーミン世界に溶け込んだ記念すべき一枚を撮影してくれます。

スタジオは2タイプがあり、落ち着いたムーミン屋敷の室内をテーマとしたスタジオAと色とりどりの花とムーミン屋敷を背景としたテーマのスタジオBとが選べます。

どちらにも等身大ムーミンキャラクターや背景がしっかりとセットアップされており、恋人同士でムーミン世界に行ったつもりで撮影できます。撮った写真はグリーティングカードとして加工することもできるのでそのままカードとして誰かに送ることも可能です。

綺麗な表紙が宝物にもなるグリーティングカードはデザインには、ムーミン一家が森のなかで花を摘んでいるデザイン、スナフキンとリトルミイがムーミン屋敷を望んでいるデザインが用意されています。

結婚写真のつもりでちょっと真面目に撮影してもらうか、それともハッピーデートで元気いっぱい撮影してもらうかはお好みでチョイスしましょう。どちらもここでしか撮影できない一生モノの一枚なのは確実です。

ちなみにスタジオにいるムーミンキャラクターは随時変更されますので、いまどんなキャラがいるかはスタジオのスタッフにたずねてみてください。

まとめ

今回はデートの際に行ったほうがいいムーミンバレーパーク内のスポットを5つ、ランキング形式で紹介しました。

ランキングは以下のようになっています。

第5位:パンケーキレストラン

第4位:ムーミン屋敷

第3位:ムーミン谷の売店

第2位:ワークショップパヤ

第1位:ムイックフォト

今回紹介した5つのスポットに行き、ムーミンバレーパークデートを大成功させましょう!!

Sponsored Link
最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらの記事はいかがでしたか?
「役に立った!」「面白かった!」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてください!
Facebookの「いいね」やTwitterの「フォロー」をして頂くと次回以降の新着記事がすぐにわかります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です