ムーミンバレーパークを100倍楽しむために必要な5つのこととは?

【子供連れ必見】子供が遊ぶのにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットBEST5


日本初となるムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日に埼玉県飯能市にオープンしました。

ムーミンバレーパークのアトラクション・ホテル・営業時間などの情報がたった5分でわかる!

世界的に人気のムーミンのテーマパークということで小さな子供を連れて、遊びに行くという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では

「【子供連れ必見】子供が遊ぶのにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットBEST5」

と題しまして、子供が遊ぶのにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットを5つ、ランキング形式で紹介したいなと思います。

この記事を読めばムーミンバレーパークで子供が120%楽しめますから、子供連れでムーミンバレーパークに行かれる方、必見です!!

<たった5分でムーミンバレーパークの全てがわかる!>

5分でわかる!ムーミンバレーパークのアトラクション・ホテル・営業時間などまとめ

Sponsored Link

子供が遊ぶのにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第5位:「飛行おにのジップラインアドベンチャー」

出典:metsa-hanno.com

アトラクション料金:1,500円(税込)
※料金は大人・子供一律で3歳以下は無料

 

所要時間:約20分

埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークに隣接して広がる湖、宮沢湖

この湖の上空を一気に滑車で滑り降りていくという迫力とドキドキが満点のアトラクションが「飛行おにのジップラインアドベンチャー」です。

小学校三年生以上(身長・体重チェック有)であれば子供でも参加できるこのアトラクションは、ムーミンバレーパーク内ではほとんど唯一と言ってもいい絶叫系でもあります。

往復では約400mもの距離がある宮沢湖上空に頼りないワイヤーだけにしがみつくようにして滑り落ちる時の爽快感は普通のジェットコースターでは味わえないスリルと迫力に溢れています。料金は1,500円、受付にて同意書に記入したら貴重品を預け、ハーネスとヘルメットを着用していざダイブすれば、信じられないような光景を見ることができるかも。

ちなみに「飛行おに」は「楽しいムーミン一家」に登場するクロヒョウに乗って空を飛ぶキャラクター。物語のなかでは宝石を探して月にまで飛んでいってしまう飛行おにと同じ飛行体験ができるかもしれません。

子供が遊ぶのにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第4位:「海のオーケストラ号」

アトラクション料金:1,000円(税込)
※料金は大人・子供一律で3歳以下は無料

 

所要時間:約15分

ムーミン谷エリアにある、ムーミンパパの友人であるフレドリクソンが発明した海のオーケストラ号。その名も「Merenhuiske(メレンフイスケ)」という船のアトラクションです。

船だけでなく潜水艦や飛行船でもある海のオーケストラ号を映像と体感で疑似体験できるというもので、風や水飛沫など思わずびっくりしてしまう要素があちこちに仕掛けられています。

とはいえ大きな音や振動がほとんどなく、映像作品が主体ですので小さな子供でも安心して楽しめるバーチャルリアリティー映像。長椅子に座ってゆったりと五感を預ければ気分はまさに海を行く冒険者。

「ムーミンパパの思い出」に登場する若い頃のムーミンパパとその友人であるヨクサルやロッドユール、フレドリクソンといったキャラクターが登場し、物語の案内役と同行役とを務めてくれます。

親子でハラハラドキドキする冒険に繰り出してみては?

Sponsored Link

子供が遊ぶのにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第3位:「エンマの劇場」

アトラクション料金:無料

 

所要時間:約20分

ムーミンバレーパークではムーミン屋敷と並んでシンボル的な存在となるのがこのエンマの劇場、「Emma teatteri(エンマ テアッテリ)」です。

半円型の劇場はステージになっており、一日のうち三回、それぞれ30分間でムーミン一家と仲間たちが登場してライブエンターテイメントを開催しています。席は先着順となっていますが無料で鑑賞することができます。

上演される劇は「たのしいムーミン一家」にある物語、飛行おにの魔法の帽子。劇だけでなく踊りや歌も含めた楽しいエンターテイメントに子供たちも大喜びすることは請け合いです。

キャラクターの声はムーミンを担当する戸松遥さんやスナフキンを担当する櫻井孝宏さんという実力声優が担当。

ムーミンバレーパークキャラクター声優決定!ムーミン役やスナフキン役は誰!?

さらにエンマの劇場の全体的な演出は俳優の小栗旬の兄、小栗了さんが担当しているという豪華スタッフが固めています。

ちなみにエンマというキャラクターは物語では「ムーミン谷の夏」にて登場する、湖に浮かんだ劇場に住む掃除人。ムーミンたちと出会い、ともに協力して廃れてしまった劇場を復活させました。

見るのも聞くのも懐かしいのに新しい素敵な劇、大人も子供も一緒にムーミン世界に溶け込めてしまいそうです。

子供が遊ぶのにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第2位:「アーケードゲーム」

アトラクション料金:1回500円(税込)

ムーミン谷エリアにある可愛い建物がゲームコーナー、その名もアーケードゲーム、「Peli & Leikki(ペリ ヤ レイッキ)」です。

ムーミンのアニメにも出てきた気球が浮かんだ天井装飾が建物の目印。ボール転がしとボール当てのミニゲームが挑戦できます。

ボール当ての舞台となるのはおしゃまさんが釣り糸を垂らす冬のムーミン谷、スナフキンのテントに向かって行くムーミントロールとスニフ、そして干上がってしまった海を竹馬で歩きながらさまようムーミントロールたちという、物語では印象的なシーンがそれぞれ描かれているボードです。

500円で3回のチャレンジ、当たればムーミントロールかリトルミイどちらかのぬいぐるみをゲットできますし、外れてもムーミンのピンバッチがもらえます。子供はもちろん、魅力的なグッズを前にしたら大人でも夢中になってしまうことは間違いなし。

ぬいぐるみはここでしかゲットできないレアアイテムでもありますので、ついついパークの散歩を一休みして熱中してしまうかも。

注意点としては景品の少なくなった夕方頃にはアーケードゲームも閉まってしまうので、欲しいぬいぐるみがあれば早めに行くのが吉です。

Sponsored Link

子供が遊ぶのにおすすめなムーミンバレーパーク内のスポット第1位:「ヘムレンさんの遊園地」

小さな子供から小学生高学年のちょっと大きくなった子供まで幅広く楽しめるのが、おさびし山エリアにある遊園地です。

題してヘムレンさんの遊園地、「Hemulin leikkipaikka(ヘムリン レイッキパイッカ)」

全体がムーミン世界を模したフィールドアスレチックで構成されており、複雑でも温かみを感じさせるようにして木で組まれたアスレチックがたくさん。

遊園地中央付近にある「ツリーハウス」は文字通りに木だけで作られたようなまさに第二のムーミン屋敷。一階部分と二階部分は子供たちが遊べるギミックだらけのアスレチック、ここには大人でもちょっと怖いくらいの滑り台が中央に鎮座し、大人も子供も一緒になって遊べます。

三階にあたる部分はムーミンキャラの住まいを模した可愛らしいアイテムや小道具がたくさんの家。秘密基地のような佇まいに特徴的な三角屋根は、このツリーハウスのシンボルです。このツリーハウスの屋根に垂らされた旗は自由に上げ下げできるので、子供と一緒によいしょよいしょとロープを引いて旗を掲げ、記念撮影してみてはいかがでしょうか。

圧巻となるのがムーミンの物語では「ムーミンパパ海へ行く」で登場する崖っぷちに立つ灯台の実物版です。ムーミンたちが住み慣れた谷と屋敷を離れて孤島にて新生活を始めた時の拠点となった灯台が見事に再現されているだけでなく、下から灯台を見上げてみるとこれから冒険に行くのか、ムーミントロールたちがシルエットで垣間見えます。

広場にある「ムーミンパパ海へ行く」に登場したうみうまを模した可愛いメリーゴーランドはペダルつき。大人も子供も家族みんなで一緒に漕いで回れば楽しいひと時を過ごせます。広場にはほかにも木が組まれたような大きなブランコも漕ぎ放題。思いっ切り身体を動かして遊び回ることができます。

ヘムレンさんの遊園地では女の子向けのポイントとして、アスレチックエリアの吊り橋を渡ったところにある小さな小屋があります。ここはパーク内にあるムーミンキャラが本当に住んでいることを想定して作られたいくつかの建物のなかでも可愛らしいおうちのひとつ。掃除用具やキッチン用品など、ムーミンママの持ち物のような可愛い道具が山盛りです。小屋のなかは座って休むこともできるので、おかあさんと一緒に可愛い家具を眺めて過ごすのも心地よい時間となりそうです。

子供と一緒に遊び疲れた大人を優しく迎えてくれるのがきのこの黒板がある休憩エリア。黒板には白墨で描かれたお馴染みのムーミンキャラたちがお出迎え。遊び回る子供たちのアトラクションエリアからも近いので大人はこの休憩場所でゆっくりしながら子供の様子を伺えます。

ちなみにヘムレンさんの遊園地は、原作では「しずかなのが好きなヘムレンさん」という名前で登場したムーミンキャラクターの働いている遊園地。ムーミン谷では唯一と言ってもいい遊園地ですが、まさにムーミンシリーズの雰囲気を色濃く反映した素敵な場所に生まれ変わっています。

まとめ

今回は子供が遊ぶのにオススメなムーミンバレーパーク内のスポットを5つ、ランキング形式で紹介いたしました。

ランキングは以下のようになっています。

第5位:飛行おにのジップラインアドベンチャー

第4位:海のオーケストラ号

第3位:エンマの劇場

第2位:アーケードゲーム

第1位:ヘムレンさんの遊園地

ムーミンバレーパークに行った際は今回紹介した5つのスポットに子供を連れて行ってあげてください!!

Sponsored Link
最後まで読んで頂きありがとうございます。こちらの記事はいかがでしたか?
「役に立った!」「面白かった!」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてください!
Facebookの「いいね」やTwitterの「フォロー」をして頂くと次回以降の新着記事がすぐにわかります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です